車検はどこで受けることが出来るの?

社会では様々な専門家が仕事をしています。
特に日本では専門家を「資格」によって保護しており、資格がなければ絶対にやってはいけない仕事がたくさんあります。
その中の一つに、自動車ユーザーならば必ず受けなければならない「車検」があります。
これは「自動車整備士」と呼ばれる資格を持つ人で、一定の経験を積まなければ行うことが出来ません。
ただ、これはあくまで人様から自動車をお預かりして検査を行うときに必要なだけで自分で行うときには不要です。
車検を受けるためには先ほど挙げた「有資格者にお願いする方法」と「自分で行う方法」の二つがあります。
有資格者にお願いする方法は「ディーラー車検」や「指定整備工場」で車検を行ってもらうことが一般的です。
たいてい業者にお願いすると車検切れを起こす前に「そろそろ車検の時期ですよ」とお知らせしてくれるため、忘れがちがな人にもおすすめです。
また自分で行う方法として「ユーザー車検」という方法があります。
その名の通り自分で自動車の検査を行っていくのです。
「そんなことを自分でやるなんて無理だろう」と思われるかもしれませんが、自動車の仕組みや機会が好きな人にとっては難しくないことも多く自分で実際にやってらっしゃる方もいらっしゃいます。
ただユーザー車検は自分で平日に運輸支局にて車検を受ける必要があるため、おつとめをしている場合には少々厳しい条件といえるでしょう。
自らのライフスタイルに合わせて車検を行うことが大切です。

関連する記事